お寺婚活イベント・パーティー

お寺婚活(寺コン)

お寺婚活がジワジワ盛り上がってきています。

知る人ぞ知るという感じのお寺婚活イベント。

人によって「寺婚」「寺コン」「お寺婚活」など呼び名はいろいろありますが、出会いや結婚相手を求めるイベントとして今本当に注目度が高まっていますね。

そのお寺婚活について、参加条件や参加方法、参加イベントの概要など気になる点をはじめ、さらに人気の秘密など詳しい情報をまとめましたので早速チェックしてみましょう。

お寺婚活ってどんな感じ?

まずは気になる参加条件や参加方法、参加イベントの概要などを整理します。

参加条件

独身の男女で、登録できる年齢は25歳~45歳、参加は49歳まで。

お寺の開催イベントというので、「お寺の檀家、仏教徒でなければダメ?」と思う人もいるようですが、宗教などに関係なく上記の条件を満たす方ならどなたでも参加できます。

参加方法

お寺婚活に参加するためには、事前に登録が必要です。

登録費は無料ですが、この登録手続きは少し手間がかかります。

というのは、インターネットでは受付しておらず、登録会が開催される時に登録会場に本人が出向いて登録する必要があるのです。

しかも、この登録会はこれまで各地域で年に2回程度しか開催されていません。

今年は臨時の登録会など柔軟な動きもあるようですが、あくまでもお坊さんが本業の傍らで行うボランティア(※)のようなものですので、仕方がない部分はあります。

※実際にはお寺が費用を徴収して運営していますので無償ボランティアではありませんが、お寺が徴収する費用は実費のみで、活動内容を考えれば「タダ同然」という感覚になるぐらい頑張っていますからね。

事前登録後

無事に登録が済むと、以降のお寺婚活の開催に参加申し込み出来ます。

この参加申し込みはインターネットで手続きします。

(東京地区では、年間3回~4回程度開催されています)

応募者が定員を超える場合は抽選になりますので、参加申し込みをしても必ずお寺婚活に行けるわけではありません。

こうしてみると、参加するまでには中々大変な手続きと日数がかかることが分かります。

参加イベントの概要

お寺婚活の当日、どんな感じでイベントが進むのか気になりますよね。

必ず同じではないようですが、だいたいの流れは以下のようです。

  1. 開会式(良縁祈願・お話)
  2. 仏教体験30分~60分(和菓子作り体験・坐禅体験・精進料理・数珠作り体験など)
  3. 談話時間(5分×人数)
  4. 自由談話(時間の都合でない場合も)
  5. 申請時間
  6. 閉会式(お話)

お寺婚活の登録状況(男女比・年齢層など)

現在9000人ほどの登録があり、男女比は50:50程度で、年齢層は20代から40代まで様々の中、一番多いのは20代後半から30代前半のようです。

お寺婚活の参加費用は?

気になる参加費用ですが、これまでの場合食事のない会で2500円~3500円程度。

実費のため開催毎に違いますが、3000円前後というのは、とてもリーズナブルでちょっと信じられないぐらいですよね。

これだけ安いのは、怪しいからではありません(笑)

これは、費用をかけずに安心できる出会いを提供したいという吉縁会のお心からで、その志に臨済宗妙心寺派大本山妙心寺をはじめ多くのお寺が協力して手伝っているからだそうです。

それで当日の実費(参加費)以外は一切費用がかからないのです。

もちろん入会費や年会費、成功した時のお礼金なども一切なし。

とはいえ、ただ安いだけで参加者がお寺に殺到するの?という疑問もありましたが、調べてみるとそこはやはり、人気になる秘密があったのです。

お寺婚活の人気の秘密とは?

もちろん、お寺のお坊さんが主催するという点で安心感があるのも人気の1つです。

その他、費用が異常に安い点も。

そして実は、お寺婚活の運営として事前登録時に登録希望者とお坊さんが直接面談して【人となり】をみているため、

 icon-check-square 婚活に対して真剣な人が多い

  シッカリした方が多い(変な人が少ない)

という特徴があり、結果的に高い成婚率につながっていると推測されます。

まさに人気の秘密と言える大きなポイントですね。

実際お寺婚活に参加した人たちの意見も「他のお見合いパーティーなどと比べて変な人がいない」「しっかりした人が多い」という感想が多くなっています。

お寺婚活のポイント整理

  • 条件が合えば誰でも参加できる
  • 費用が3000円前後とリーズナブル
  • 参加者がきちんとしている人が多い
  • 事前登録が必要だが機会が少ない(年2回程度)
  • お寺婚活の開催が少ない(年3~4回程度)
  • 開催場所が限られる(東京、静岡、名古屋、大分の各近辺)
  • 参加希望者が多く倍率が高い(定員の3~5倍)

こうしてみると、上から3つはメリットですが、下の4つはデメリットとも言えます。

お寺婚活に参加できるのはいつ…?

今から「お寺婚活に参加したい!」と思った場合、実際にいつ頃参加可能なのか、気になりますよね。

ただ、運良くすぐに登録会があるとは限らないのが悩ましいところです。そしてその後のお寺婚活イベントがすぐにあるかどうかもタイミング次第。

「どれだけ待てばいいの!?」という可能性もありますね。

登録会が年に2回で、お寺婚活イベント開催が年に4回となると、よほどドンピシャでハマっても3~4か月先でしょうか。

そこに申し込みをしても抽選で落選すると次回以降になりますので、半年先か1年以内に参加が叶うだろうか、という感じかもしれません(汗)

人気のイベントはこういう点がネックになります。

何とか早めに良縁に、と気持ちが焦る中で、半年・1年を待つのってツラくないですか?

では何か良い方法はないのか?

お寺婚活以外の選択肢?

そもそもの考えとして、シッカリとした運営の婚活パーティーや、シッカリした人が多い会があるとしたら、お寺婚活にこだわらなくてもいいと思いませんか。

お寺婚活の価値はそこですからね。

ただ、そんな評判の良いものは他になかなか聞こえてきませんが(笑)

そんな中で、唯一と言えるシッカリ度の高いところと言えば、ゼクシィではないでしょうか。

婚活と言えばゼクシィ?

ゼクシィと言えば、東証1部上場の大手企業「リクルート」が運営していて知名度も抜群ですね。

婚活のためのサービスも幅広く行っていますので安心感もあり、聞こえてくる話もゼクシィブランドはなかなか評判が良いですね。

例えばゼクシィでは「ゼクシィ縁結び」という無料で登録できる婚活サイトを運営しています。

プロフィール登録から相手探しや紹介、マッチングも無料なので安心感があるという意見がけっこうありますね。

例えばログインすると、異性の一覧がパッと表示されたり

価値観マッチという価値観診断サービスで自分にぴったりの異性を紹介してもらったり

気に入った異性がいればアプローチも

気になる異性をお気に入り登録する機能も

お見合い機能もありますね

>>ゼクシィ縁結びの無料登録はこちら

こういうのって何かピンときた時が、実はとても大事な瞬間だった、ということもありますよね。

直感なんていい加減なようでも結局そういう直感的なものが正しかったという経験、意外とあったりしませんか?

お寺婚活も、もちろんとても魅力的なイベントですけど、半年・1年と待つ可能性があるとして、その間、無駄な時間を過ごすだけだとしたら…ちょっと悲しいですよね。

無料でいつでも気軽に登録できるのがゼクシィの良いところでもありますので、試してみる価値はあるかも?

>>ゼクシィ縁結びの無料登録はこちら

最後にお寺婚活の豆知識

そもそもお寺婚活の始まりは、静岡県の若手僧侶(お坊さん)が中心となり、独身者に出会いの場を提供しようという主旨で作られた「吉縁会」が始まりです。

静岡県で第1回が開催され、東京、名古屋、岐阜、大分と広がりを見せています。

その根底にあるのは、志ある僧侶が婚活にお金がかかりすぎる昨今の状況を見て、お金をかけなくても良縁に巡り合える機会があるべきだという思いがあるようです。

出会いを求める者にとって何とも心強い存在ですよね。

確かに、結婚相談所のようなところでは入会金だけでも数十万円という高額のところもあります。

そこでお寺婚活を運営する吉縁会ではリーズナブルな参加費のみで、イベントを開催しています。

吉縁会の地域

お寺婚活を運営するのは吉縁会で各地にいくつかあります。

吉縁会 東京

東京の吉縁会は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など関東一円の多くの方が参加しているようです。

吉縁会 静岡西

静岡西の吉縁会は、浜松市・磐田市・掛川市・湖西市など静岡県西部を中心に多くの方が参加しているようです。

吉縁会 名古屋岐阜

名古屋・岐阜の吉縁会は、愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県など中京一円の多くの方が参加しているようです。

吉縁会 大分東九州

大分・東九州の吉縁会は、大分県、福岡県、宮崎県、別府市、大分市、福岡市など東九州から多くの方が参加しているようです。